カート
ユーザー
絞り込む
商品をさがす
トピックス
  • ホーム
  • 工場通信で知る 家具づくりの裏側
工場通信で知る 家具づくりの裏側



  「この家具たちはどのようにして誕生したの?」

  「NDstyle.や家具のことがもっと知りたい!」

  デザイナーのアイデアや、工場での試行錯誤。

  工場通信ではものづくりの裏側を紹介しています。








 

 



NDstyle. 工場通信


シェアする、合体する、形態と使い方が変化する「ADDA」



 
巧みに分離・合体するフォルム

二つのAフォルムが合体して一つのAに。AにAを加える"Add A"が、ネーミングの由来。
「ADDA(アッダ)」は、ロースツール、ハイスツール、ベンチ、サイドテーブル、カウンターから成るシリーズ。
1脚を二つに分けて「席をシェアする」という、ハイスツールのデザインで得た着想が出発点となって開発が進みました。
このアイデアを実現するユニークな構造が、他のアイテムとも組み合せ可能となるようにデザインを展開。分けても合体しても自然な佇まいであるよう、巧みな脚の重なり方を叶えることをデザイン開発の要件としました。
使う人のアイデア次第でいろいろな使い方ができ、生活シーンやライフスタイルの変化に合わせて組み合わせ方を多様に変えられる家具となりました。


 
構造が導き出した必然のデザイン

2脚が組み合わさって一つになる構造は最小限の要素で構成。
単品使いのときはきわめて軽快で、組み合わさったときにも重たいイメージはなく1脚のスツールであるような軽快なフォルムをめざしました。
スツールを2脚一緒に持ち上げるために、座板に指を入れる丸型とトラック型の穴をあけました。
この穴がすべてのアイテムにそなわり、どことどこが組み合わさるのかを視覚的に認識でき、製品のキャラクターの一つにもなっています。
アイテムにはスツール、ベンチ、サイドテーブル、カウンターと、それぞれの使い方を示す名前がついていますが、組み合わせによってその用途を変えたり、仕上げ色を違えて色の組み合わせを楽しむこともできます。


 
細く、小さく、強く、美しく。

「ADDA」のデザイン開発のポイントは、「デザイン」と「強度」のバランスでした。
フレームを限界まで細くし、さらに、組み合わせたときに1脚に見えるという狙いを具現化するために、片持ち構造を採用。
細く薄い部材、小さな接合面で必要十分な強度をそなえ、なおかつデザイン的な妥協も一切排除しての取り組みでした。
シェアできる、合体する、変形するという"仕掛け"をもちながら、シンプルでミニマルな家具としてフォルムの美しさを兼ねそなえています。




 



NDstyle. 工場通信


リビングダイニングを彩る木の枝のデザイン「branch」




 

葉っぱと小枝の自然デザイン

家に帰るとほっとでき、自然が素直に感じられる。
そんな癒される空間づくりに役立つアイテムとして、自然にある優しい造形を取り込み、温かみと手触りの良さがそなわる家具づくりを開発目標として着手したシリーズが「branch(ブランチ)」です。
そこで発想したのは、「枝分かれ」した立木の姿と「葉っぱ」。ストレートなアイデアをデインのモチーフとして採用しました。



ウォールナットがアクセント

葉っぱのモチーフは、ソファのアームに採用。かわいらしさをワンポイントで表現しています。
また、ボードの手掛けやテーブ ル天板の木口にもウォールナットを採用。
濃い色調が白木のタモとの対比で映えることと、手に触れる部分の汚れを目立たなくすることへの配慮からのアイデアです。


 
構造体でもある枝

「branch」の意匠的なポイントは、チェアとソファのサイドフレームの枝形状です。
自然の枝を想起させながら、構造体としても葉っぱと小枝の自然デザイン家に帰るとほっとでき、自然が素直に感じられる。
そんな癒される空間づくりに役立つアイテムとして、自然にある優しい造形を取り込み、
温かみと手触りの良さがそなわる家具づくりを開発目標として着手したシリーズが「branch(ブランチ)」です。
そこで発想したのは、「枝分かれ」した立木の 姿と「葉っぱ」。
ストレートなアイデアをデ ザインのモチーフとして採用しました。
成立させることが試作の要件となりました。
最初の段階でのモックアップは接合部から割れてしまい、接合する位置と方法について試行錯誤を繰り返し、ようやく最終のフレーム形状を見いだしました。


 
解決策は現場にある

スケッチの段階から社内での評価が高かった「branch」は、試作の段階では苦労の多い過程を経てきました。
スケッチでは自由に描けることでも、実際の製作ではつくり勝手、強度の保ち方、材料の合理的な使い方など、さまざまな課題をはらんでいることはしばしば起こることです。
こうした問題に直面したとき、解決策を導き出すのは現場でのすり合せです。
デザインも妥協せず、 製作においても不合理や無駄は出さない。
せめぎあうようなやり取りを重ねる中から、いままでの経験だけではつくり得なかった新しいものが生まれます。





あって嬉しい機能がいろいろ

「branch」は、小さな子どもへの安全性に十分に配慮し、日常の使いやすさについても さまざまな工夫が込められています。
カトラリーや薬の収納に便利なダイニングテーブルの引出し。
引出しや扉を組み合わせて 機能性高めたリビングボード。
座を外すと、子ども座布団とミニテーブルに早変わりするスツール。
おしりにやさしいベンチのクッション。
あって嬉しい機能性をそれぞれの アイテムにそなえています。




 


NDstyle. 工場通信


日本の女性の生活体験から生まれた「COISL」

GOOD DESIGN AWARD 2010



 
お母さんと住まいにフィットしたテーブル

日本の女性の平均身長は158cm。
座が高すぎると感じるのは女性に共通の問題だと捉えて、「COISL(コイスル)」の開発に着手しました。
全体のサイズもコンパクトに、ただし座り心地の良さは犠牲にしないという方向性。
テーブルのサイズも見直してみようと、幅420mmの椅子を6 脚セットするには最小幅で何ミリが適切かを検証。
狭小といわれる日本の住まい事情にかなった、椅子6 脚をセットできる幅1600mmのテーブルをアイテムに加えました。

 

大人と同じ子どもデザイン

「COISL」は、子ども用の椅子をシリーズにラインナップしました。
子ども用の椅子は、子ども向けの単独デザインでつくられることが多い中で、大人の椅子と共通のデザインで製品化しました。
同じ家族の一員として、大人と同じものを使うことで嬉しさや安心を感じてもらいたいと考えたからです。
セットしたときに統一感がとれ、インテリア性を損ないません。


 
無垢のブナ材と座面のバリエーション

フレームは無垢のブナ材でつくられています。
コンパクトチェアのスタンダードなデザインをめざしつつ、やさしい雰囲気や親しみやすさが備わるよう、丸みや曲線を多く取り入れています。
「COISL」の座面は、天然木突板の板座がブナとウォルナットの2種類、テープが3色用意されています。
同じタイプ、色でそろえなくても、異なるタイプを組み合わせるのも楽しいコーディネーションです。
背の形状は職人が手仕事で削り出したもので、背中へのあたり具合が快適に仕上がっています。
無垢材ならではの素材感を活かした、可愛らしさのあるチェアとなりました。




 


NDstyle. 工場通信


子どもがすくすく育つリビングダイニングの家具「via」




 
子育て世帯の家具シリーズ

子育て世帯に向けたリビングダイニングの家具「via(ヴィア)」。
明るい木目のタモ材の木味を活かしたシリーズ。
ダイニング用のベンチは、並んで座る楽しみがあり、お友だちが遊びに来たときには、お子さまなら3人、4人と座れてわいわい楽しめます。
リビングテーブルはキッズチェアのデスクとして使え、サイドワゴンが天板下にちょうど良く収まるなどの寸法設計がなされています。
シェルフ、ハンガーラックは、場所をとらずにリビングダイニングに置きやすいコンパクトサイズです。お子さまが大きくなったら、キッズアイテムは子ども部屋の家具として使うこともできます。



子どものための家具とは

お子さまのための家具選びで大切なのは、安心して使えることです。
「via」の主な材料は、タモの無垢材。
F☆☆☆☆の塗料、接着剤を用いて、シックハウス対策を徹底しています。
部材の端部には丸みを持たせ、ぶつかったときの衝撃をやわらげます。
安全性に加えてこだわったのが、子どもの家具だからこそ愛着を持って長く使えるものであること。
いいもの、好きなものを大切にする感性を育む家具でありたいと考えます。
「via」シリーズに共通する個性的なV 字型のサイドフレームは、子どもが両手を上げた姿から発想しました。